富士山         石川丈山作          

               せんかくき    あそ  うんがい いただき
仙客来遊雲外巓     仙客来たり遊ぶ雲外の巓
               しんりゅうす   お  どうちゅう ふち
神龍棲老洞中渕     神龍棲み老ゆ洞中の渕
               ゆき  がんそ  ごとく けむり え  ごとし
雪如丸素煙如柄     雪は丸素の如く煙は柄の如し
               はくせんさか     かか とうかい てん
白扇倒懸東海天     白扇倒しまに懸る東海の天

※丸は糸偏に丸


【作者】 石川丈山(1583〜1672) 
江戸初期の漢詩人。三河(愛知県)碧海郡の出身。祖父正信は長篠の合戦で戦死し、父信定もまた武名が高かった。丈山は若くして徳川家康に仕え、豪勇をもって知られたが、大阪夏の陣で軍律違反がもとで浪人の身となった。わずか三十歳で京都に隠居した。そののち、藤原惺窩の門に学び、江戸初期の代表的詩人となった。

【通訳】 仙人が来て遊んだという、神聖な富士山の頂きは雲を抜いて高く聳えている。また、山頂にある洞窟の中の渕には、神竜が年久しく棲みついていると伝えられる。冬の頃この霊山を下界から望めば、山頂から山裾まで純白の雪に覆われ、扇に見立てるならば、白絹を張った扇面にあたり、その上に立ち上る噴煙は、扇の柄にあたる。まるで東海の空に白扇が逆さにかかって居るようで、その雄大な眺めは、実に天下第一等の山の名に背かぬものである。