えきすいそうべつ  らくひんのう
        易水送別  駱賓王 作

              この  ち えんたん わか
  此地別燕丹     此の地燕丹に別る
              そうしはつかんむり つ
  壮士髪衡冠     壮士髪冠を衡く
              せきじひとすで  ぼっ
  昔時人已没     昔時人已に没し
              こんにちみずな  さむ
  今日水猶寒     今日水猶お寒し

【作者】】駱賓王(640〜684)中国初唐の詩人   浙江省の生まれ

【通訳】ここ易水のほとりで、昔 荊軻 は燕の太子丹と別れたが、その時、「風蕭蕭として易水寒し。壮士一たび去って復還らず」と歌い、人々は皆目を瞋らし、髪の毛は逆立って冠をつくほどの勢いであった。さて、その当時の人々はもはやなく、われわれの前にはただ易水だけが今もなお昔のようにつめたく流れている。

【語訳】*易水…河北省易県に源を発する川。  *燕丹…燕の国の太子「丹」を言う。  *髪衡冠…怒った時の形容。