平野国臣(1828〜1864)

幕末の志士。福岡藩士の次男。西国の尊王攘夷派の結集を画策し諸国を奔走した。いわば坂本竜馬の先輩格ような人物。竜馬よりは7才年上で、西郷隆盛は1つ上、大久保利通や吉田松陰は2つ下です。
「わが胸の もゆる思ひにくらぶれば 煙はうすしさくらじま山」
あまりにも有名な詩を残した人