斎藤茂吉(1882〜1953)

山形県金瓶村(現、上山市)生まれ。歌人、伊藤左千夫に師事。精神科医を業とするかたわら、同輩の島木赤彦没後の「アララギ」を率いて精力的活動を続けた。烈しい生命感を漲らせた処女歌集「赤光」は歌壇内外に広く迎えられた。歌集は「あらたま」「白き山」等多数ある。