藤原定家(1162〜1241)

藤原俊成の子。「新古今集」選者の一人。「有心体」を提唱、父俊成の「幽玄体」にさらに深化をはかり、象徴性の強い歌風をなした。磨き抜いた技巧は同時代に冠絶する。歌集に「拾遺愚草」、歌論に「毎月抄」、日記「名月記」等がある。