島崎藤村(1872〜1943)

長野県西筑摩郡生まれ。明治新体詩に新しい浪漫精神を盛り、近代詩に一大転機をもたらした詩集「若菜集」「落梅集」刊行後、詩から散文に移った。小説に「破戒」をはじめ「春」「新生」「夜明け前」等がある。