しゅんや                 そしょく
春夜   
          蘇軾          

                 しゅんしょういっこくあたいせんきん
春宵一刻直千金       春宵一刻直千金
                 はな せいこうあ  つき  かげあ
花有清香月有陰       花に清香有り月に陰有り
                かかんろうだいこえさいさい
歌管楼臺聲細細       歌管楼臺聲細細
                しゅうせんいんらくよるしんしん
鞦韆院落夜沈沈       鞦韆院落夜沈沈


【作者】  蘇軾 (1036〜1101)
北宋の詩人、文章家。蘇東坡とも云う。四川省眉山県出身。密州、徐州 , 湖州の知事を歴任した。儒・仏・道のいずれにも通暁し、書画もよくし、詩文はいうまでもなく、詞(詩余)に置いても一家をなしている。その詩は平易流暢、変幻自在である。詩体みな巧みであるが、七言に特に長じている。

【解説】  春の夜の静かな情趣を詠じた詩。王安石の「夜直」とともに、春夜を詠じた詩では双璧と称せられている。

【通訳】  春の夜はほんのわずかな時間が千金もの値打ちある。花には清らかな香りがただよっており、月はおぼろにかすみ、なんともいえぬ風情である。先ほどまで歌を歌ったり、楽器を奏したりして、にぎやかだった高殿も、今はかすかに聞こえるばかり。中庭には、置き捨てられたぶらんこが一つ。夜は静かにふけていく。