■短歌=和歌
五七五七七と五句組み合わせた三十一文字の歌体。狭義には和歌とも呼ばれる。広義の和歌には、短歌、長歌、旋頭歌、仏足石歌、片歌の五体が含まれるが、平安朝以降、短歌が定型詩の趨勢となったために「短歌」=「和歌」という認識が一般化した。又、漢詩に対して日本固有の「倭歌=やまとうた」の意味でも和歌という。

■新体詩
明治の初め、西洋の詩の影響を受け、日本で成立、発展した新しい詩のことを一般に「新体詩」という。原則として詩形は自由とされているが、日本語の特性から、その多くは七五調、もしくは五七調で作られている。

■吟詠
旦早流では短歌及び新体詩を十線で譜面化しています。日本が生んだ偉大な詩人の歌を数多く取り上げ、どなたでも歌えるようにしています。




・作者経歴を知りたい方は作者名をクリックして下さい。
・詩の楽譜を見たい人、聴きたい人は 詩の題名  をクリックして下さい
・アイコンの有る詩は吟が聞けます。

作者及び経歴 掲載詩
斎藤茂吉 短歌 最上川
石川啄木 短歌 馬鈴薯の
若山牧水 短歌 寄り来たり
長塚節 短歌 たらちねの
藤原定家 短歌 夕ぐれは
源 実朝 短歌 大海の
斎藤茂吉 短歌 死に近き
島崎藤村 新体詩 流れ星
石川啄木 短歌 たはむれに 
短歌 潮かをる
短歌 東海の
新体詩 落葉の煙
短歌 やわらかに
平野国臣 短歌 わが胸の
若山牧水 短歌 雲二つ
短歌 幾山河
短歌 白鳥は
佐々木信綱 短歌 人とほく
与謝野晶子 短歌 川ひとすじ
短歌 海恋し